国際特許

TreeSystem の架台は、JIS C 8955 (2011)「太陽電池アレイ用支持物設計標準」に準拠しております。

そして、JIS H 8641: 2007 (豪雪、台風、地震等の災害を考慮済み)にも従って設計されます。

 

優れた品質と高いコストパフォーマンスを両立し、40度の斜面地にも設置することができます。

設置する際には重機を使用せず、スピーディーな設置が可能です。

また、コンクリートを使用しないため工事時の型枠などの廃棄物も発生いたしません。

 

日本での実績は、こちらのリンク先へ

 

←ホームページに戻る

太陽光発電システム架台 - 道路標識 - 園芸 - フェンス - 街頭設置物 - 電気物質

XPLAY Agenzia Web