企業概要

TreeSystem(ツリー・システム)は、地面に固定する、という画期的なアイデアから生まれ、それが設立の基礎となる革新的な技術につながっています。この概念は自然界においては太古の昔から存在するものです。つまり、木々が地面から離れない方法を再現したもので、それにちなんで弊社は「ツリー・システム」と命名されました。また、原理の有効性を確認する試験後、国際特許を取得しました。

このシステムは2010年に発売され、電気材料卸売業者と金物業者の間での強化を重ね、太陽光発電業界で成功を収めました。スマートで革新的な構造物と一体化し、専門的な要件を満たしており、大手の設置業者によって採用されております。ツリー・システムは既に、様々な国で500を超える土地設置型太陽光発電所に利用されております。

このシステムの利点は、環境への影響が少ないことです。つまり、コンクリート基盤を回避し、化学物質を使用せず、物質を取り除かず、そして固定柱、基礎スクリューなどのような基礎タイプと比べて侵入性を大幅に削減しています。また使用後は、簡単に完全に撤去することができます。

弊社の構造物は、最も単純な形態から、複雑で洗練されたものへと徐々に進化してきており、太陽光発電パネルの設置を、ほぼ全ての土壌で可能にしています。特に、ツリー・システムは、丘陵地帯や山岳などの平らではない土地に太陽発電所を設置する構造を開発しました。特別な伸縮式の支柱システムおよび調節可能な部品を用い、太陽光発電モジュールを凸凹な土地や平らでない斜面に設置できるよいうに設計・開発したため、土壌処理を行う必要がなくなりました。このシステムは、太陽光発電所が斜面や山に設置されることの多い日本市場向けに特別に設計されました。

弊社の将来に向けての戦略は、太陽光発電用設置構造物を継続的に改善し、環境影響の少ないソリューションの提供を続けるための絶え間のない努力を進めることです。弊社の目標は、特許取得済みの固定システムの使用を塀、交通標識、温室などのような他の分野に広げることでもあります。

 

 

幻想: “地面のプラグになること”
目標: “できるだけコンクリートを回避し、各分野にて地上設置を簡単にすること”

 

←ホームページに戻る

 

 

太陽光発電システム架台道路標識 - 園芸 フェンス街頭設置物 - 電気物質


XPLAY Agenzia Web