野立て太陽光発電架台

ツリー・システム は地面に固定する装置に踏まえる太陽光発電架台を開発します。木の根っこが地面に固定するように(それゆえに「ツリー・システム」)地面にインサートを差し込むことで、安定な形で装置を固定することができます。このシステムは革新的でオリジナルな原理に踏まえており、国際特許を取得しました。

このシステムは太陽光発電架台や太陽光発電システム支持物に適用できます。コンクリート基盤などといったコストの高い素材を使用しないので、PVシステム架台にスマートなソリューションです。

ツリー・システムの理念は「土壌のプラグ」になることです。迅速で簡単に設置ができ、同時に融通で安価なシステムです。

 

ツリー・システムは野立てに産業用太陽発電システム架台の設計や企画をします。国際特許を取得したアンカー装置は斜めに4本のインサートを地面に差し込むことで、掘削やコンクリートの利用を不要にします。それに加えて、メガソーラーのライフサイクルの終わりに、簡単に取り抜き処分でき、廃棄物を発生しません。

このシステムは熟練した作業員や重機といった特別な機械が不要で、電動ハンマーだけでも太陽光発電システム支持物を設置できます。

土壌中の岩や砂利があるのにかかわらず、どんな土地でも据え付けができます。また、山地や丘陵などの傾斜のある地面にも設置できます。

遺跡、採石場、埋め立て地といったあまりにも深く掘削不可能な地点でも、斜面になった土地でも、通常太陽光発電所を設計しがたい場所にツリー・システムは理想的な解決となります。

 

Photovoltaic mounting system integrated anchorage device

 

ツリー・システムが提供するPVシステム架台の利点は下記のようです:

  • 土地マーキングとGPS使用の回避
  • 特別な機械の使用は必要無く、電動ハンマーのみで設置可能
  • アスファルト上での設置可能
  • 迅速かつ簡単に設置でき、熟練した作業員は必要なし
  • 杭基礎やスクリューよりも安全性と信頼性が高い
  • ソーラー発電所のライフサイクルの終了後の処分が簡単で安価
  • 石及び砂利のある地面でも設置可能
  • 採石場や埋め立て処分場において理想的

 

ツリー・システムのアンカー装置は最終処分場における太陽エネルギー発電所の据え付けができます。最終処分場は通常、深く掘削は不可能なため、コンクリート基盤やスクリューといったソリューションは不適切になります。一方では、ツリー・システムのアンカーは斜めに差し込むので、侵襲性が少ないです。

 

 

ダウンロード

設置を簡単にする野立て太陽光発電システム架台(PDF)
接合された基盤装置とフェンスポール  (PDF)

 

お問い合わせ

ご質問などはこちらまで お問い合わせください!

 

実績

実績リスト→

日本での実績リスト→

実績の写真ギャラリー→

 

30ヶ国、400ヶ所以上の採用実績 ルーマニア、リトアニア、ハンガリー、オーストリア、ドイツ、フランス、英国、スウェーデン、ヨルダン、日本、北朝鮮、フィリピン、ドミニカ共和国、エジプト。

 

 

 

 

←前に戻る

太陽光発電システム架台 -道路標識 - 園芸 フェンス - 街頭設置物 - 電気物質


XPLAY Agenzia Web